「macOS 12.1」ではこれまでに報告されている多数の不具合が修正される模様

本日、Appleが開発者に対し「macOS 12.1 RC」をリリースしましたが、その「macOS 12.1 RC」のリリースノートから「macOS 12.1」では多数の不具合が修正されることが分かりました。

今回明らかになった「macOS 12.1」で修正される不具合の一部は下記の通り。

  • トラックパッドがタップやクリックに反応しなくなる問題
  • 「MacBook Pro 14/16インチ (2021)」がYouTubeのHDRコンテンツが原因でクラッシュする問題
  • 「MacBook Pro 14/16インチ (2021)」でディスプレイを閉じた状態でMagSafeから正常に充電出来なくなる問題
  • 一部の「MacBook Pro」と「MacBook Air」でThunderboltまたはUSB-C経由で外部ディスプレイを接続した際に充電されないことがある問題
  • 「MacBook Pro 14/16インチ (2021)」でメニューバーの一部がFaceTimeカメラのノッチで見えなくなることがある問題

なお、「macOS 12.1 RC」で問題がなければ、「macOS 12.1」は早ければ来週にも正式にリリースされるものと予想されます。

[via MacRumors

Apple、開発者に対し「macOS 12.1 RC」をリリース

1 COMMENT

匿名

Musicアプリの不具合もちゃんと治っているんでしょうね?
<macOS 12.1
今のMusicアプリのバグはそりゃもう酷いもんですよ?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。