Twitterが検討中の絵文字リアクション機能は近いうちに正式導入か

Twitterは以前より絵文字リアクション機能の導入に向け一部の国でテストを実施したりしていますが、リバースエンジニアのNima Owji氏がTwitterのコードを調査した結果、同機能の正式導入が近いと報告しています。

絵文字リアクション機能は、「いいね❤️」に加え、「嬉し泣き😂」「考える顔🤔」「拍手👏」「泣き顔😢」の4種類が用意されるとみられており、実際にいつ正式導入されるのかは不明ですが、年内に何か動きがあるのかもしれません。

また、同氏は「downvote(反対票)」ボタンの機能も近いうちに正式に導入されるかもしれないと報告しており、「いいね」ボタンの横に表示され、同ボタンをクリックすると会話に関係のないと思われるリプライ(返信)を見えにくくする為の機能で、クリックしても非公開で、ツイートの投稿者やタイムライン上の他のユーザーに共有されることはないとのこと。

さらに、この「反対票」ボタンはリプライの並べ替え機能と連動しており、ユーザーは全てのリプライを受け取るのか、関連するだけのものだけを受け取るのかを選択することが出来るようになる見込みで、関連するリプライについては、自身がフォローしているユーザーからのリプライや自身にとって最も興味のありそうなリプライを表示するようになる模様。

[via 9To5Mac

Twitter、トルコで実施していた絵文字リアクション機能のテストを一時停止 − 技術的な問題発生 Twitter、トルコで絵文字リアクション機能をテスト − 採用する絵文字は4つに絞った模様

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。