Microsoft、「Windows 11」向けにFluentデザインを採用した新しい絵文字を展開開始

本日、Microsoftが、「Windows 11」向けにFluentデザインを採用した絵文字の一般提供を開始しました。

新しい絵文字デザインは、「Windows 11」で採用となったFluentデザインにあわせてデザインが刷新されており、クリップの絵文字がOffice製品に登場していたアシスタント「Clippy」をモチーフとしたものになった他、Microsoftは公式ブログでは何も触れていませんが、Emoji 13.1までに含まれるUnicode絵文字も追加されているものと予想されます。

なお、これら新しいデザインの絵文字はあくまで「Windows 11」向けで、「Windows 10」には展開されません。

新しいデザインの絵文字を利用したい方は、Windows Updateで「更新プログラムのチェック」をクリックすると新絵文字が利用可能になる更新プログラムが手動でダウンロード可能な模様。

Microsoft

1 COMMENT

匿名

前に発表されてたのと違って、最終形はグラデーションないのね
これをFluentデザインと呼んでいいものか…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。