「Surface Duo 2」は米国モデルでも技適マーク有り

MicrosoftのAndroid搭載2画面デバイス「Surface Duo 2」は、11月初めに米国で発売され、日本でも来年前半に発売予定となっていますが、発売まで待てないので「Surface Duo 2」を個人輸入で購入してみました。

技適マーク

日本未発売モデルで真っ先に気になるのが、「Surface Duo 2」は米国モデルの為、技適マークの有無ですが、先日にTwitterで報告していたので結論からお話しますと「Surface Duo 2」は米国モデルでも技適マークは表示されるようになっています。

「Surface Duo 2」は米国モデルと日本モデルでは5Gのミリ波(mmWave)対応の有無で対応ネットワークの仕様が僅かに異なっているのですが、米国モデルでも「設定>バージョン情報>規制ラベル」に技適マークが表示されます。
(下記画像参照)

先週より仕事用端末として常時使用しているので、日本発売までに使い込み、レビュー記事でも書ければと考えてますが、事前に海外でも報じられていた通りソフトウェアのバグが多く、日本発売までに少しでも改善されれば良いのですが…。

個人輸入に掛かった費用

最後に個人輸入に掛かった費用を紹介しておくと、筆者が購入したの128GBモデルなので本体価格は1,499.99ドルで、転送業者の手数料が5ドル、送料が30〜90ドル、日本での関税・消費税が10,500円だった為、現在の為替(2021年11月21日時)で日本円に換算すると下記の通りで、かなりお高くなってしまいます。
(ちなみに筆者はUS-Buyerという転送業者を利用しており、送料は所要日数や使用する会社により変動します)

本体代1499.99ドル171,000円
転送手数料5ドル570円
送 料30〜90ドル3,500〜10,000円
関税・消費税10,500円
総 額 185,570〜192,070円

日本での価格はまだ未発表ですが、最新モデルの「Surface Pro 8」の設定為替を計算すると約135円の為、もし「Surface Pro 8」と同じ為替が適用されると仮定した場合、20万円ほどになる可能性があります。

Surface スリムペン 2の充電

ちなみに、「Surface Duo 2」は「Surface スリムペン 2」が利用可能で、下記画像のように本体にくっつける形でペンの充電が可能ですが、「Surface スリムペン 2」を充電するには別途「Surface Duo 2 Pen Cover」という純正カバーが必須となっているので、今後、個人輸入で購入する方で「Surface スリムペン 2」の使用を検討している方は同カバーも同時に購入されることをお勧めします。

Surface Duo 2 – Microsoft

1 COMMENT

Semiry

今晩は(こんにちは)。九州福岡からです。

記事内に「Surface スリムペン 2」を充電するには別途「Surface Duo 2 Pen Cover」という純正カバーが必須となっているので、と書かれてありますが、「Surface スリム ペン 充電器」でも充電可能です。
→自身でもちゃんと充電できています。
 マイクロソフトの公式ページにも記入されてあります。

ちなみにカバーはまだ発売されたばかりです。

それでは失礼します☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。