Microsoft、教育向けOS「Windows 11 SE」と搭載デバイス「Surface Laptop SE」を発表

本日、Microsoftが、「Windows 11」の教育向けエディションとなる「Windows 11 SE」を発表しました。

「Windows 11 SE」は幼稚園~中学生を対象にライセンス料を抑えた教育専用のエディションとなっています。

また、同OSを搭載した教育向けのデバイスとして「Surface Laptop SE」も発表され、価格は30,580円(税込)からという超低価格のモデルとなっており、今後、Acer、ASUS、Dell、Dynabook、富士通、HP、LenovoなどのPCメーカーなどからも同OSを搭載したデバイスが登場する予定です。

なお、Surface Laptop SEは日本では来年前半に発売予定で、主な仕様は下記の通り。

「Surface Laptop SE」の主な仕様

・CPU :Celeron N4120/4020
・GPU: Intel UHD 600
・RAM:4GB/8GB
・ストレージ:64GB/128GB(eMMC)
・ディスプレイ:11.6インチ(1,366×768)
・カメラ:100万画素(720p/Windows Hello未対応)
・ポート:USB-A×1、USB-C×1、オーディオ端子×1
・Wi-Fi: IEEE 802.11ac
・Bluetooth:Bluetooth 5.0 LE
・バッテリー駆動時間:最大16時間
・サイズ:279.4×193.04×17.78㎜
・重量:1,112.4g
・OS:Windows 11 SE

1 COMMENT

匿名

こんなスペックで何するの?
と思ったけど中学生以下の教育用ならアリなのかな

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。