Twitterの「Proアカウント」機能が一部ユーザーで利用可能に

本日よりTwitterで話題になっていますが、一部のユーザーでTwitterのProアカウントが利用可能となっています。

Proアカウントは、ビジネスやブランドのオーナー、クリエイター、パブリッシャーは、ProアカウントによりTwitter上の存在感を高め、強化できると案内されており、ProアカウントはTwitterの一般ユーザーには公開されない、さまざまな種類の専門ツールを提供する窓口として機能するとのことで、下記の項目が案内されています。

  • クイックプロモートなどのTwitter広告のエコシステム
  • Proプロフィール、Twitterショッピングなど、今後搭載を予定している商品

(Proアカウントにするとカテゴリー名が表示されるように)

また、Proアカウントとして認定されるには、アカウントが次の要件を満たす必要があります。

  • Twitter利用者契約に複数回違反していないこと。
  • アカウント名、自己紹介、プロフィール写真など、プロフィールのあらゆる項目が設定されていること。
  • 認証済みの個人情報がプロフィールで確認できること。プロフィールで他の人物、ブランド、組織の名を騙っていないこと、他者を欺く目的で偽の個人情報をプロフィールに掲載していないこと。ブランドや組織と直接提携している場合を除き、動物や架空のキャラクター画像をプロフィールに使用していないこと。パロディアカウント、ファンアカウントはProアカウントとして認証されません。

なお、Proアカウントへの移行は完全無料で、要件を満たしていれば誰でも移行可能で、個人アカウントにもいつでも戻すことが可能です。

既存のアカウントをProアカウントに切り替える方法などの詳細は下記リンク先をご覧下さい。

Proアカウントについて – Twitter

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。