Apple、「MacBook」への有機EL搭載に向け韓国メーカーと交渉開始か − 有機EL搭載「iPad」の登場は早くても2023年後半

韓国のThe Elecが、Appleは「MacBook」シリーズへの有機ELディスプレイの搭載に向け、韓国のパネルサプライヤーと交渉を開始したようだと報じています。

当初、Appleは2025年に有機ELディスプレイを搭載した「MacBook」を発売することを計画していたものの、この計画は延期される可能性が高いと関係者は話しているようです。

また、Appleは「iPad」シリーズに有機ELディスプレイを採用することについても韓国メーカーと協議しており、有機ELディスプレイを搭載した「iPad」は2023年後半から2024年に発売される予定で、LG DisplayとSamsung Displayが11インチと12.9インチの「iPad」向け有機ELパネルの開発を行っているそうです。

なお、同サイトが今年6月に報じていた10.86インチの有機ELディスプレイを搭載した「iPad」の開発プロジェクトは中止された模様。

有機ELディスプレイを搭載した「iPad Air」が2022年、「iPad Pro」が2023年に登場か

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。