有機ELディスプレイを搭載した「iPad Air」が2022年、「iPad Pro」が2023年に登場か

The Elecが、Appleは2022年に10.86インチの有機ELディスプレイを搭載した「iPad」を発売すると報じています。

さらに、2023年には11インチの有機ELディスプレイを搭載した「iPad」と12.9インチの「iPad」を発売する予定とのことで、来年発売のモデルは「iPad Air」、2023年発売のモデルが「iPad Pro」になるものと予想されます。

また、「iPad Air」にはリジッドタイプ、「iPad Pro」にはフレキシブルタイプの有機EL構造が採用されるようで、フレキシブルタイプの方がコストは高いものの、デザインの自由度が高く、ベゼルを細くすることも可能とのこと。

他にも、Appleは年内に発売する新型「iPhone」シリーズの上位モデルに120Hzのリフレッシュレートを実現するLTPOディスプレイを採用する予定だとも報じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。