Apple、長期修理時の代替機を「iPhone 8」から「iPhone XR」に変更へ

MacRumorsが入手したAppleの内部メモによると、Apple StoreとApple正規サービスプロバイダでは、現地時間の11月4日から長期の修理中に「iPhone XR」を代替機として顧客に提供出来るようになることが分かりました。

Apple StoreとApple正規サービスプロバイダで「iPhone」を長期修理に出した際に無料で貸し出してくれる代替機は、これまでは「iPhone 8」だったようですが、今後は「iPhone XR」に置き換えられる模様。

なお、この変更は米国およびその他の地域とのことで、世界的に順次変更されるものと予想されます。

1 COMMENT

匿名

ホームボタンのiPhoneが無くなる前兆かもですね。
次期SEはホームボタン廃止になりそうな予感

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。