Apple、MacにFace IDやタッチスクリーンを搭載しない理由を明らかに

先日発売された新型「MacBook Pro」シリーズにはディスプレイ上部にノッチがあるものの、顔認証機能「Face ID」は搭載されなかったのですが、Wall Street JournalがAppleのハードウェアエンジニアリング担当上級副社長のJohn Ternus氏やMacおよびiPadプロダクトマーケティング担当副社長のTom Boger氏に「Face ID」や「タッチスクリーン」を「Mac」に搭載しない理由についてインタビューした内容を公開しています。

まず、「Face ID」については、Appleとしては指紋認証機能の「Touch ID」がラップトップのフォームファクターに最適と考えているようで、Tom Boger氏は「ノートパソコンでは既に手がキーボード上にあるので、Touch IDの方が便利だ」と述べています。

次に、タッチスクリーン搭載については、John Ternus氏は「我々はiPadで世界最高のタッチコンピューターを作っており、タッチ入力に完全に最適化されています。また、Macは間接入力に最適化しており、それらを変える理由はありません」と述べ、Appleとしてはラップトップにタッチスクリーンを搭載する計画はないようです。

他にも、「MacBook Pro/Air」シリーズに防水機能を搭載する計画がないことや、新型「MacBook Pro」が購入後にメモリなどのアップグレードが出来ないことについて、ユニファイドメモリ構造が性能向上の理由の1つであることも明らかにしています。

[via 9To5Mac

2 COMMENTS

匿名

外部ディスプレイ接続時にノート閉じてるかどうかとかの技術的な問題なんだろう
公式にネガティブなことは言えないからね
同じ理由でiPhoneやiPadに指紋と顔認証の2種類は絶対に搭載されない

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。