「iOS 15.2 beta 1」での変更点 − 「設定」に「Appプライバシーポリシー」追加など

本日、開発者向けに「iOS 15.2 beta 1」がリリースされましたが、9To5MacMacRumorsが、その「iOS 15.2 beta 1」での変更点を報じています。

「iOS 15.2 beta 1」での変更点はあまり多くなく、まず1つ目として、「設定>プライバシー」に「Appプライバシーポリシー」が追加されており、この機能を有効化すると、位置情報やマイクなどのデータへのアクセス許可をアプリが仕様する頻度が表示されるようになり、各アプリのネットワークアクティビティの内訳、ウェブサイトのネットワークアクティビティ、最もコンタクトされたドメインも含まれます。

また、「緊急SOS」の緊急電話をかける方法が変更されており、サイドボタンといずれかの音量ボタンを同時に長押しする方法と、従来よりあるサイドボタンを素早く5回押す必要がある方法とを選択出来るようになり、どちらの方法でも8秒のカウントダウンが行われますが、このカウントダウンの時間も従来の3秒から8秒に増加しています。

さらに、ロック画面に表示される「通知サマリー」のUIがカードスタイルの表示に変更されています。

3 COMMENTS

匿名

>サイドボタン5回押しの設定って昔からありません?
iOS14にもありますね。
何が変わったんだろ?

返信する
taisy0

当方の書き方が問題と思いますが、サイドボタン5回押しは確かに以前よりあり、新たにサイドボタンといずれかの音量ボタンを同時に長押しが追加され、両方から選択可能となっています。
追記させて頂きます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。