「iPhone SE Plus」が2022年に投入されるという噂

(現行モデル)

以前より次期「iPhone SE」は来春に発売されると噂されていますが、その次期「iPhone SE」に関する新たな情報が出て来ました。

これはディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOであるRoss Young氏が報告しているもので、同氏曰く、次期「iPhone SE」は現行モデルと同じく「iPhone 8」と同じ4.7インチの液晶を搭載し、5Gに対応して、「iPhone SE Plus」の名称で2022年に発売されるとのこと。

さらに、「iPhone SE 3」として、5.7インチ〜6.1インチ液晶ディスプレイを搭載したモデルが2024年に延期されて投入されると予想しています。

製品名に関してはあくまで仮の名称と予想されますが、これまでの情報通り、来年に投入される次期「iPhone SE」はデザインに変更はなさそうです。

[via 9To5Mac

次期「iPhone SE」は5Gに対応するもののデザインは現行から変わらない模様 − 来春に発売か

2 COMMENTS

匿名

会社の携帯としてSE2が貸与されている者ですが、
8の筐体で5GとA14以降は考えられないなーと思います。

理由はA13と4Gの組み合わせのSE2では、バッテリーの消費がかなり速いです。
(少なくとも11やXRと比べて)

8の筐体ではバッテリーも増やせず、バッテリーの消費が多い5Gを搭載したら、使用時間がとても短いと思います。

なので最近出てるXR筐体の再利用説が本命ではないかと勝手に思ってます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。