最新の情報を反映した次期「MacBook Air」の新たな予想レンダリング画像 − 著名リーカーが公開

著名リーカーのJon Prosser氏が、最新の情報を反映した次期「MacBook Air」の新しいレンダリング画像を公開しています。

同氏は今年5月にも次期「MacBook Air」のレンダリング画像を公開していましたが、その時はディスプレイ以外の部分のリーク画像をもとに作成していた為、先日にリーカーのDylanDKT氏が報告した最新の情報をもとに新たなレンダリング画像を作成したとのこと。

次期「MacBook Air」はM2チップを搭載し、デザインが刷新されマルチカラーが採用されると言われており、ポートはMagSafe 3ポートとThunderbolt/USB 4ポート×2とヘッドホンジャックが搭載され、キーボードやディスプレイ周りのベゼルは白を基調としたデザインになる見込み。

また、今回のレンダリング画像では、先日発表された新型「MacBook Pro」と同じくディスプレイ上部のノッチやフルサイズのファンクションキーなども反映されています。

あくまでリーク情報をもとに作成したレンダリング画像の為、最終仕様がこの通りになるのかは不明ですが、2022年中頃に発売されると言われています。

次期「MacBook Air」は来年中頃に登場か − 一部仕様に関する情報も

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。