「Android 12」にアップグレードした「Google Pixel」ユーザーから様々な不具合が報告される

先日、Googleが「Pixel」シリーズ向けに「Android 12」の提供を正式に開始しましたが、「Android 12」にアップグレードした一部の「Pixel」ユーザーから様々なバグが報告されていることが分かりました。

Googleの公式サポートフォーラムに寄せれている情報によると、アプリのクラッシュ、通話時にフリーズする、バッテリー駆動時間が短くなる、ランダムな通知音が発生するようになる、生体認証センサーが動作しない、カメラが動作しない、起動しなくなるなどの問題に直面しているようで、問題によっては再起動や工場出荷時に戻すリセットを行っても解決しない模様。

筆者の「Pixel 3a」でも通常の使用には問題ないものの一部機能にバグが残っており、不具合の種類は多いものの、各不具合の報告数はそこまで多い訳ではない為、将来のソフトウェアアップデートで1つずつ修正されることを期待するしかなさそうです。

Google Pixel Help Community – Google

[via MySmartPrice

7 COMMENTS

匿名

私のPixel3も、Chromeがたまにおかしな挙動をするようになりましたね。ページが読み込めない等々……。

返信する
匿名

Pixel 4a 5gのAndroid12だけど、いまのところ書かれてるような不具合は出てないなー

返信する
匿名

Pixel4a5GでAndroid12にアップデートしましたが、確かにちょっとバグがあるかな。
Twitterでたまにフリーズしたり、いいねを押しても反応しなかったり、バッテリーの充電が何故か100%にまで行かなかったりと、困るほど大きな不具合はないですが、細かい所で出ていますね。

返信する
匿名

Pixel4a 5Gだけど、不具合は感じません。ただ愛用してるAccuBatteryで、アップデート直後に起動したら(計測数値等?が)最適化され、それ以降充電した時の推定容量が下がりましたね。これまでにはありえないほどの低い数値(これまでの最低の2割減ほど)を出すことも…。アプリのせいなのか、Android12のせいなのか…。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。