新型「MacBook Pro 16インチ」のハイパワーモードは8K ProResビデオのカラーグレーディングなどのタスク向け

本日、新型「MacBook Pro 16インチ」のM1 Maxチップを搭載したモデルではパフォーマンス優先の「ハイパワーモード」が搭載されていることお伝えしましたが、MacRumorsが同モードに関するAppleの文書を入手したとして内容を公開しています。

同モードはシステム環境設定で有効化することが可能で、8K ProResビデオのカラーグレーディングなどの作業において、ユーザーに「究極のパフォーマンス」を提供するとのこと。

これまでに「macOS Monterey」のベータ版のコードから、リソースを必要とするタスクをより良くサポートするためにパフォーマンスを最適化することから、ファンの音が大きくなることがあることも明らかになっています。

まだまだ不明な点が多い「ハイパワーモード」ですが、来週にはレビュー記事が解禁となることから、もう少し詳しい内容が明らかになるものと予想されます。

MacBook Pro – Apple

新型「MacBook Pro 16インチ」のM1 Maxチップ搭載モデルはハイパワーモードを搭載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。