Microsoft、「Windows 11」でAndroidアプリを実行出来る機能のテストを開始 − まずは米国のBetaチャネルのユーザーから

本日、Microsoftが、「Windows 11」上でAndroidアプリを利用出来る機能のテストを開始したことを発表しました。

同機能のテストは、Windows Insider ProgramのBetaチャネルに参加している米国のユーザーのみでまず実施され、近いうちにDevチャネルのユーザーにも拡大予定であることが案内されています。

同機能は、IntelのIntel Bridge Technologyを採用した「Windows Subsystem for Android」という新しいサブシステムが必要で、このシステムによりAmazonのFire端末向けAndroidアプリストアである「Amazon AppStore」からダウンロードしたAndroidアプリをWindows上で利用できるようにするといったもので、テストではAndroid版「Kindle」アプリを含む約50本のアプリが利用可能です。

なお、実行したAndroidアプリは独立したウィンドウを持ち、一般的なWindowsアプリと同様に動作し、スタートメニューやタスクバーからの起動やピン留めなども可能です。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。