Apple、新型「iMac 27インチ」を2022年第1四半期に投入か − ミニLEDディスプレイ採用との噂

(画像はiMac 24インチ)

以前よりAppleは「Pro Display XDR」と並行して販売する安価な外付けディスプレイを開発していると噂されていますが、MacRumorsによると、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOであるRoss Young氏が、Appleは新しいディスプレイ製品を2022年第1四半期(1〜3月)にリリースすることを計画していると報告していることが分かりました。

その新型ディスプレイは「Pro Display XDR」よりもかなり安価な価格帯になるとのことですが、正確な価格は明らかにされていません。

また、ディスプレイサイズは27インチで、ミニLEDやProMotionの技術が搭載され、リフレッシュレートが24Hzから120Hzまで変動するとのこと。

今回の情報の信憑性は不明ですが、過去には「A13 Bionic」チップとNeural Engineが搭載された外付けディスプレイがApple内部ではテストされていると報じられています。

訂正(2021年10月20日17時)

その後、同氏が2022年第1四半期に発売されると言及していたのは外付けディスプレイではなく、次期「iMac 27インチ」のことであることが分かりました。

外付けディスプレイについては不明ですが、次期「iMac 27インチ」よりも後に発売される可能性があります。

Apple、「A13」チップと「ニューラルエンジン」を搭載した外付けディスプレイをテスト中

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。