ここにきて急浮上した新型「MacBook Pro」がディスプレイにノッチ採用との噂 − 怪しい部品写真も登場

先日、中国Weiboで新型「MacBook Pro」はノッチ付きディスプレイを採用との怪しい噂が報告されていることをTwitterで紹介していたものの、怪しすぎて記事にはしていなかったのですが、今度は新型「MacBook Pro」のディスプレイにノッチがあることを示唆する部品画像とされる画像が出て来たので紹介しておきます。

上記画像がその部品画像ですが、ノッチの部分にはFaceTimeカメラ、マイク、True Tone用の環境光センサーが搭載されているように見え、もしこの写真が本物であれば、新型「MacBook Pro」のベゼルはかなり狭くなる可能性があることを示唆しています。

また、写真に記載されている寸法から、この部品は14インチモデルのものと予想され、ノッチが採用されてもFace IDは非搭載で、Touch IDが引き続き採用されると噂されています。

本当にノッチが採用されるのかは不明なものの、過去に「macOS Monterey」のベータ版から新型「MacBook Pro」のものとみられるディスプレイの解像度に関する情報が見つかっており、その解像度は「3456 x 2234」と「3024 x 1964」で、この解像度の高さから74ピクセルを差し引くと、「3456 x 2160」と「3024 x 1890」になり、現行の「MacBook」シリーズと同じアスペクト比16:10になることから、高さの74ピクセルの追加はノッチの為ではないかとの予想も行われています。

[via MacRumors

新型「MacBook Pro 14/16インチ」のものとみられるディスプレイ解像度に関する情報が「macOS Monterey」のベータ版から見つかる

1 COMMENT

匿名

リークの現実味が増してきたな
DuanRui焦ってるんじゃないの
余計なこと言わなけりゃよかったのに

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。