将来的に「CarPlay」でエアコンやシート位置なども操作可能に??

Appleは「iPhone」を対応のカーオーディオやカーモニターに接続して操作できる機能「CarPlay」を提供していますが、Bloombergによると、同社は車内での「CarPlay」の利用範囲を拡大しようとしていることが分かりました。

具体的には、空調システム、スピードメーターや燃料計、サウンドシステム、ラジオ、シートなどの機能にアクセスする技術を開発しているようで、このプロジェクトはApple社内で「IronHeart(アイロンハート)」と呼ばれており、開発はまだ初期段階にあり、自動車メーカーの協力が必須とみられています。

現在、エアコンなどの操作は「CarPlay」とは別に車載システムを操作する必要がありますが、「IronHeart」が実現すれば「CarPlay」で全て完結することが出来るようになります。

ただ、各自動車メーカーごとに規格が異なる部分もあり、各社がどこまで協力してくれるかによる為、なかなか一筋縄ではいかないものと予想されます。

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。