楽天モバイル、auのパートナー回線エリアの提供を新たに23道県で終了へ

本日、楽天モバイルが、2021年10月以降順次、全国39都道府県の一部地域において、パートナー回線によるローミングサービスから楽天回線によるサービス提供へ切り替えることを案内しています。

楽天モバイルは、自社エリアが拡充するまでの間、KDDIと提携し、パートナー回線エリア(KDDIの4G LTEローミングエリア)としてサービスを提供していますが、今年4月より自社回線によるサービスエリアの拡大に伴い、パートナー回線エリアの提供を順次縮小しています。

2021年10月以降に順次切り替えが新たに実施されるのは、北海道、青森県、秋田県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、三重県、鳥取県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、沖縄県の23道県となっています。

また、既に順次切り替えが開始されている大阪府、千葉県、神奈川県、埼玉県、愛知県、滋賀県、兵庫県を含む、茨城県、栃木県、群馬県、富山県、石川県については、2023年3月末にかけて原則切り替え予定であることも案内されています。

なお、これに伴い、電波がつながりづらいなどのご不便が生じた場合、問い合わせ先に連絡して欲しいと案内しており、個別に状況を調査したうえで、スマートフォンの一時貸し出しなど、早急に対応するとのこと。

パートナー回線エリアから楽天回線エリアへの切り替えについて – 楽天モバイル

[via ケータイWatch

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。