「iPhone 13」ではディスプレイをサードパーティの修理業者で交換するとFace IDが利用出来なくなる模様

Phone Repair Guruによると、「iPhone 13」シリーズではディスプレイをApple公認ではない修理業者で交換すると顔認証機能の「Face ID」が利用出来なくなることが分かりました。

「iPhone 12」シリーズではディスプレイパネルの背面に搭載されていた受話スピーカーが「iPhone 13」シリーズでは本体内部に移動されたことから、「iPhone 13」シリーズのディスプレイ部品は交換し易くなったのですが、ディスプレイを新しいものに交換した場合に「このiPhoneに純正のApple製ディスプレイが搭載されていることを確認できません」とのエラーメッセージが表示されるようになり、Face IDが利用出来なくなることが分かりました。

その検証動画が下記の動画で、新しいディスプレイにいくつかのチップを移すなどとの回避策はあるようですが、複雑過ぎる為、ほとんどの修理店がそこまで対応しないだろうとみられています。

実際のところどうなのかはもう少し様子をみないと分かりませんが、「iPhone 13」シリーズではディスプレイが割れてしまった場合に、AppleやAppleの正規代理店などに修理を依頼しなければならない可能性が高そうです。

[via 9To5Mac

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

1 COMMENT

匿名

指紋の方はとっくに塞がれてたのに
むしろ今まで使えてた事に驚き
そもそもマスク対応で更にザルになってる時点でおもちゃみたいなものだが

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。