「Surface Pro 8」とされる画像は「Surface Pro X」を加工したもの − デザインは似ているものの異なる模様

本日、「Surface Pro 8」の一部スペックが明らかになったとお伝えしましたが、その情報元であったバナー画像に使用されている画像は「Surface Pro 8」ではないことが分かりました。

これはWindows CentralのZac Bowden氏が指摘し明らかになったもので、問題の上記バナー画像に使用されているのはMicrosoftが昨年に発売した「Surface Pro X」のレンダリング画像を加工したものとなっています。

(Surface Pro Xの公式レンダリング画像)

なお、同氏によると、今回流出したスペックの一部は正確とのこと。ただ、「Surface Pro 8」は「Surface Pro X」のデザインに似ているものの、同じではないと報告しています。

「Surface Pro 8」の一部スペックが明らかに − 120HzディスプレイやThunderboltポートを搭載

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。