Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」「tvOS 15」に対応したアプリの申請受付を開始

本日、Appleがアプリ開発者に対し、「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」「tvOS 15」に対応したアプリの申請受付を開始したことを案内しています。

開発者はリリースされている「Xcode 13 RC」を使ってアプリをビルドし、各OSのRC版を搭載したデバイスでテストし、審査に提出可能とのこと。

また、2022年4月からはApp Storeに提出される全てのiOS/iPadOS/watchOS向けアプリは「Xcode 13」と「iOS 15 SDK」および「watchOS 8 SDK」が必須になることも案内しています。

App Store submissions now open for iOS 15 & iPadOS 15
App Store submissions now open for watchOS 8
App Store submissions now open for tvOS 15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。