AppleのAR/VRヘッドセットはiPhoneとの接続が必須に?? − 早ければ来年登場する可能性も

以前よりAppleはAR/VRヘッドセットを開発中と噂されていますが、そのAppleのAR/VRヘッドセットはフル機能を利用するためにiPhoneや他のAppleデバイスとのワイヤレステザリングが必須になることが分かりました。

これはThe Informationが報じたもので、AppleはAR/VRヘッドセットに搭載する予定の5nmプロセスを採用したカスタムチップの開発を完了したようで、そのチップとはヘッドセットの動作に重要なSoC(システムオンチップ)と追加の2つのチップの計3つのチップで、次は試作段階に入る模様。

このチップはMacやiOSデバイスに採用されているものほど強力ではなく、AIや機械学習機能のためのニュートラルエンジンを搭載しておらず、無線によるデータ転送や動画の圧縮・解凍、バッテリー駆動時間を最大限に延ばすための電翌効率などを最適化するように設定されているようです。

Apple WatchのWi-Fiモデルのように、AR/VRヘッドセットでフル機能を利用するにはiPhoneとの接続が必要となっているようですが、AR/VRヘッドセットにはCPUとGPUが搭載されている為、機能を限定したスタンドアロンモードが搭載されている可能性もあるとのこと。

なお、チップは台湾のTSMCが製造し、量産化は早くても1年後と言われており、早ければ2022年に発売される可能性があるものの、開発が間に合わない場合は延期される可能性もあります。

[via MacRumors

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。