Microsoft、「Windows 11」対応CPUに第7世代Coreプロセッサの一部モデルなどを追加 − 「Surface Studio 2」も対応デバイスに

本日、米Microsoftが、「Windows 11」の対応CPUリストを更新し、Intelの第7世代Coreプロセッサの一部モデルを追加したことを発表しました。

新たに追加されたのは、Intelの第7世代Core Xシリーズ、Xeon Wシリーズなどで、「Surface Studio 2」に搭載されている「Core i7-7820HQ」も追加されましたが、「Core i7-7820HQ」を搭載したデバイスはMicrosoftのDCH設計原則に対応している必要があり、そうでない場合は「Windows 11」アップデートの対象にはならないそうです。

下記が今回新たに追加されたプロセッサですが、Xeon Wシリーズについては、どのプロセッサがサポートされるのかなど、まだ詳細は明らかにされていません。

・Intel Core i5-7640X
・Intel Core i7-7740X
・Intel Core i7-7800X
・Intel Core i7-7820HQ
・Intel Core i7-7820X
・Intel Core i7-7900X
・Intel Core i7-7920X
・Intel Core i9-7940X
・Intel Core i9-7960X
・Intel Core i9-7980XE

なお、AMD製のプロセッサに関しては、AMDと提携して第1世代Zenプロセッサをテストした結果、新たに追加するプロセッサはないとの結論に至ったそうです。

さらに、自身のPCが「Windows 11」に対応しているかどうかをチェック出来るツール「PC 正常性チェック」の次期アップデートのプレビュー版をWindows Insider向けにリリースすることも発表されました。

このアップデート版では、新たに追加されたプロセッサへの対応や、表示されるメッセージの改善、関連するサポートページへのリンクの追加などが行われており、Windows Insiderでのテストを行った後、数週間以内に一般向けにも提供を開始する予定とのこと。

Windows 11 supported Intel processors – Microsoft
Windows 11でサポートされているIntelプロセッサ – Microsoft

1 COMMENT

匿名

一応サポート外プロセッサ搭載機でも
WindowsUpdateからの11へのアップデートは出来ないが、ISO経由でのインストールは可能らしいですよ。

ただし、将来的にマイクロソフトがそのやり方のPCはセキュリティアップデートを配信しない可能性もあるとの事。
(いずれもマイクロソフトのリリースに書いてあるらしいです。)

そもそも、Intel8世代目以降の対応なのは、
件の脆弱性問題に対して7世代目まではOS側でサポートをしないと行けないからとの理由だとか。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。