「スーパーマリオ64」がiPhone/iPadやMacのWebブラウザでプレイ可能に

「スーパーマリオ64」と言えば1996年に「NINTENDO 64」本体と同時に発売されたスーパーマリオシリーズ初の3Dアクションゲームで、発売から20年以上経った今でもファンが4K移植したり、未開封品が約1億7,000万円で落札されるなど話題に事欠かないゲームですが、その「スーパーマリオ64」のウェブ版が公開されたことが分かりました。

このサイトはGitHubのプロジェクト「Super Mario 64 decomp project」から生まれたもので、iPhoneやiPad、MacのSafariでもプレイ可能となっており、任天堂がいつ閉鎖させるのかは不明なものの、少なくとも今年4月より存在していた模様。

Macの場合は操作感が難しいもののキーボードでプレイ可能ですが、iPhoneやiPadでプレイする場合はゲームコントローラーをペアリングする必要があります。

また、Apple製品だけでなく、ウェブブラウザであればどのデバイスからもプレイ可能です。

そう遠くないうちに閉鎖される可能性が高いので、遊んでみるのならお早めに。

[via 9To5Mac

8 COMMENTS

匿名

良くいる偽善者だな。
それなら海外のサイトっていうか、ウェブ版を公開した開発元を訴えた方が早いと思うけど。
コロナの自粛警察みたいな感じのやつなんだろうな。

返信する
匿名

別に著作権持ってる側じゃないのに訴えてもしゃーないやろ
この手のニュースサイトが、こういう違法行為を幇助するのがどうよってスレ主は言ってるのよ
エミュアプリの類もそうだが、ニュースサイト目指してるんか?ただのアフィサイトと一緒やん

返信する
匿名

そういうことではないかと。
人一倍著作権に気を配らなければいけないはずのメディアがこういうことを記事にするのはどうなんだ、って話ですよ。
うちの会社は著作権なんて気にしませんよ、といっているようなもの。
この前ホビージャパンの社員が転売容認するような発言して大炎上したのと同じようなことだと思います。
何でもかんでもコロナにむすびつけなさんな。

返信する
匿名

著作権のことを言い出すとこの手のApple系噂サイトは全部ダメじゃん。
大手メディアも記事書いてるけど。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。