Appleが9月のイベントで発表するもの − Bloombergの著名記者が報告

毎週末の恒例になりつつありますが、BloombergのMark Gurman氏が、Appleが9月のスペシャルイベントで発表する新製品に関するまとめ情報を公開しています。

その発表イベントでは、「iPhone」「Apple Watch」「AirPods」「iPad mini」の新モデルが発表される見通しで、各製品の簡単なまとめ情報が下記の通り。

iPhone 13

新型「iPhone」はマイナーチェンジを示す「s」モデルになる予定だが、「iPhone 13」と呼ぶと予想しています。

また、ディスプレイサイズに変わりはないものの、ディスプレイ上部のノッチが小型化され、ポートレートモードの動画版などの新しいカメラ機能やより高速なA15チップを搭載し、Proモデルは120Hzのリフレッシュレートに対応したProMotionテクノロジーが採用される予定。

Apple Watch Series 7

よりフラットなディスプレイと最新のディスプレイ技術、より高速なプロセッサを搭載し、ちょっとした再設計が行われるものと予想しています。

また、フィットネスサービス「Apple Fitness+」の新しいワークアウト機能「Time to Run」や「Audio Meditations」などが準備されているとのこと。

AirPods 3

新しいインイヤー形状と短いステム(棒状の部分)が採用され、「AirPods Pro」に近いデザインになるとのこと。

iPad mini 6

より狭いベゼルを採用し、デザインの刷新が行われるものと予想されています。

これまでの噂では、A15チップ、USB-Cコネクタ、マグネット式のSmart Connectorを搭載すると言われています。

iPad 9

より薄型化され、より高速なチップが搭載される模様。

[via 9To5Mac

2 COMMENTS

匿名

正直今のノッチで慣れてしまった
小さくなっても初日だけ喜んで後は気にもならない予感

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。