新型「MacBook Pro」が量産体制に入ったとの報道

(新型MacBook Proのコンセプト画像)

M1XチップやミニLEDディスプレイを搭載した新型「MacBook Pro」が今秋に発売されると噂されていますが、中国のMyDriversが、新型「MacBook Pro」は今月より既に量産が開始されていると報じています。

同モデルの8月から11月までの月間出荷台数は60万〜80万台になる見込みで、同モデルにはミニLEDディスプレイが搭載されるとも報じています。

これまでの噂では、新型「MacBook Pro」は14インチと16インチの2サイズ構成で、M1Xチップを搭載し、フラットなエッジのデザインが採用される他、HDMIやSDカードスロット、MagSafeコネクタの復活、Touch Barの廃止などが特徴になると噂されています。

【追記】
ネタ元はDigiTimesの模様。

新型「MacBook Pro」は今年9〜11月に発売か − ミニLEDディスプレイを搭載

1 COMMENT

T

Magsafeってどんなコネクタになるのかな。
USB-Cと統合されたようなものになるのだろうか。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。