Spotify、iOS向けアプリでの「AirPlay 2」のサポートに向けた取り組みを一時中断

MacRumorsによると、Spotifyが、iOS向け公式アプリに「AirPlay 2」のサポートを追加する計画を一時中断したことが分かりました。

これは同社のコミュニティフォーラムで担当者が明らかにしたもので、同社はiOS向け公式アプリでの「AirPlay 2」のサポートに向けて取り組んでいたものの、オーディオドライバーの互換性の問題があり、簡単には解決できない大きなプロジェクトであることから開発を中断したとのこと。

サポートに向けた開発がいつ再開されるのかどうかは不明です。

なお、「AirPlay 2」はiOSデバイスで音声や動画をワイヤレス伝送する機能で、2018年5月に「iOS 11.4」の一部として提供が開始され、複数のスピーカーを同期してステレオペアを設け、より空間的なステレオサウンドを実現可能な他、複数の部屋で複数のスピーカーを同時に再生し、手元のiOSデバイスで一元管理したり、Siriの音声コマンドで特定の部屋のスピーカーだけ止めたり違う音楽を再生したりといった操作も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。