Twitter、24時間で投稿が消える「フリート」を廃止

先月の発表通り、現地時間8月3日(日本では今晩)をもって、Twitterが「Fleet(フリート)」機能の提供を終了します。

同機能は、24時間で消える写真や動画、テキストを投稿できる機能で、日本では昨年11月に提供が開始されたことから提供開始から1年経たずに提供終了となります。

「フリート」により会話への参加のハードルが下がり、より多くのユーザーが会話に参加する機会を増やすことを目的に導入されたのですが、実際には会話に参加するユーザーは思うように増えず、頻繁にツイートしているユーザーが同機能を利用してさらに投稿する機会を増やしていたことから廃止する決断に至ったことが明らかにされています。

また、「フリート」のほとんどは写真や画像などのメディアを含んでおり、ユーザーはTwitterでの会話に手際よく写真や動画を添えて楽しんでいたことから、近日中に、全画面カメラ、テキスト形式オプション、GIFステッカーなど、フリート作成機能を取り入れてアップデートしたツイート作成画面や、カメラ機能のテストが開始される予定です。

なお、「フリート」はタイムライン最上位に表示されていましたが、今後はタイムライン最上位には「スペース」が表示されるようになります。

さよなら、フリート – Twitter

1 COMMENT

匿名

当初は邪魔だったが近年のスマホは縦長だし慣れてきたところだったんだけどなあ
収益に繋がらないし悪用する人も出始めたから仕方ないか

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。