Twitter、iOS向け公式アプリで「Appleでサインイン」をサポート

本日、Twitterが、iOS向け公式アプリにおいて、「Sign In with Apple(Appleでサインイン)」に正式に対応したことを発表しました。

同機能は先月よりベータ版でテストが開始されていましたが、そのまま正式に導入され、これによりApple IDでTwitterアカウントを作成することが可能になりました。

現在のところ、新規アカウント作成時のみの対応で、既存のアカウントを「Sign In with Apple」にアップグレードすることはまだ出来ないようです。

また、現時点ではiOS向け公式アプリでのみの対応となっており、ウェブ版は近日中に対応予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。