LINE、トーク上のメッセージに気軽に反応できる「リアクション」機能を提供開始

本日、LINEが、トーク上で、会話の流れを気にせず、気軽に任意のメッセージや画像にピンポイントにコミュニケーションできる「リアクション」機能の提供を開始しました。

同機能は、トーク上で友だちや自分のメッセージや画像、スタンプなどに直接反応することが出来る機能で、7日以内に受信、または送信したメッセージなどを長押しした時に表示される6つのアイコンから好みの表情を選ぶことができ、選択したアイコンは「リアクション」したメッセージのすぐ下に表示されます。

また、1つのメッセージや画像につき1つのみ選択することができ、送受信から7日間の期間内であれば、後からアイコンを変更や削除することも可能です。

さらに、通知が相手に送られないので、深夜や早朝でも気兼ねなく「リアクション」することができ、誰がどの「リアクション」を付けたかは、トーク上に表示されている「リアクション」のアイコンをタップすることで表示されるリストにて確認可能です。

なお、スマホ向け「LINE」アプリのバージョン11.11.0以上から利用可能で、詳しい使い方は下記リンク先をご覧下さい。

「リアクション」機能の詳しい使い方
ニュースリリース

1 COMMENT

匿名

各SNSのDMみたいにとりあえず搭載してみたって感じか。
通知も出ないなら強要される事もないだろう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。