KDDI、3GB/990円の「LINEMO」のミニプランにはすぐに対抗しないことを明らかに

本日、KDDIが、2022年3月期第1四半期決算を発表しましたが、ケータイWatchによると、その会見の中で、同社の高橋社長が、ソフトバンクの料金ブランド「LINEMO」のミニプランにはすぐに追随しないことを明らかにしました。

「LINEMO」のミニプランは、データ通信量が3GBで月額990円で利用出来る新プランで、今月半ばから提供が開始されています。

高橋社長は「LINEMO」のミニプランに対抗するか問われ、「すぐには手を打たない」と回答しました。

また、「お客様の声や市場動向を注視して考えたい」とのことで、当面はUQ mobileのでんきセット割(月額990円〜)を推していく方向の発言もしています。

2022年3月期第1四半期決算について – KDDI

LINEMO、3GBで月額990円の「ミニプラン」を提供開始

2 COMMENTS

匿名

ミニプランは速度制限を明記している実質MVNOだからKDDIではどうにもならいないのでは?
ドコモが動けば後追いしそうだけど一人勝ちのahamoを動かすとは思えないしねえ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。