米Apple、同社2021年度第3四半期(2021年4〜6月期)の業績を発表

本日、米Appleが同社2021年度第3四半期(2021年4~6月期)の業績を発表しました。

数字を簡単にまとめると下記の通りで、引き続き好調で、4〜6月期としては過去最高の売上・利益となっています。
(括弧内は前年同期比)

総 合

・売上高:814億3400万ドル (36%増)
・純利益:217億4400万ドル(93%増)

各種製品及びサービスごとの売上高

全ての製品が前年同期を上回る結果となり、特に「iPhone 12」シリーズが世界的に好調だったことに加え、「AirTag」ばどのアクセサリ類も好調だったそうです。

・iPhone:395億7000万ドル(50%増)
・iPad:73億6800ドル(12%増)
・Mac:82億3500万ドル(16%増)
・Wearables/Home and Accessories:87億7500万ドル(36%増)
・サービス:174億8600万ドル(33%増)

地域別の売上高

地域別の売上高は下記の通りで、どの地域も順調に伸びています。

・アメリカ:358億7000万ドル(33%増)
・欧州:189億4300万ドル(34%増)
・日本:64億6400万ドル (30%増)
・中国:147億6200万ドル(58%増)
・アジア太平洋地域:53億9500万ドル (29%増)

なお、詳細は下記のプレスリリースをご覧下さい。

プレスリリース(英語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。