Twitter、24時間で投稿が消える「フリート」を8月3日に廃止へ

本日、Twitterが、24時間で消える写真や動画、テキストを投稿できる機能「Fleet(フリート)」の提供を現地時間8月3日をもって終了することを発表しました。

同機能は日本では昨年11月に提供が開始されたもので、提供開始から1年経たずに提供終了となります。

「フリート」により会話への参加のハードルが下がり、より多くのユーザーが会話に参加する機会を増やすことを目的に導入されたのですが、実際には会話に参加するユーザーは思うように増えず、頻繁にツイートしているユーザーが同機能を利用してさらに投稿する機会を増やしていたことから廃止する決断に至った模様。

なお、「フリート」はタイムライン最上位に表示されていましたが、提供終了後は今後は「スペース」が表示されるようになります。

ニュースリリース

1 COMMENT

匿名

人のツイートをスクショしてFleetでディスってもメンションにならないから相手に通知されないのがね。
インスタは好評なのにどうしてこうなったんだろう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。