Apple、後払い式決済サービス「Apple Pay Later」の導入を計画か

本日、Bloombergが、事情に詳しい関係者の話として、Appleは電子決済サービス「Apple Pay」に分割で後払いが可能になる「Apple Pay Later」と呼ばれるサービスを導入することを計画しているようだと報じています。

このサービスはApple内部では「Apple Pay Later」と呼ばれており、分割払いに必要なローンの貸し手としてゴールドマン・サックス・グループと組む予定。

現在の計画では、ユーザーが「Apple Pay」を使って購入した際、金利ゼロで2週間おきに計4回の分割払いを行うか、金利を支払って数カ月かけて支払うかを選択できるようにすることが検討されており、4回払いは内部で「Apple Pay in 4」、より長期間の支払いプランは「Apple Pay Monthly Installments」と呼ばれている模様。

なお、月払いサービスの金利をどの程度に設定する予定なのかは不明で、新サービスはまだ開発段階にあることから、機能の変更やキャンセルとなる可能性もあるとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。