「Apple Watch Series 7」にTouch IDは搭載されない

過去にThe VerifierがAppleは2021年に発売する「Apple Watch Series 7」にTouch IDを搭載することを検討しているようだと報じていましたが、Apple関連の情報では多数の実績があるBloombergのMark Gurman氏が、同機能はすぐに実現するとは思えないとの見解を明らかにしたことが分かりました。

これは同氏のニュースレター「Power On」で明らかにしたもので、Touch IDが「Apple Watch」に搭載されることにはメリットはあるものの、すぐに実現するとは思えないとのこと。

The Verifierは、過去に、2021年に発売される次世代「Apple Watch」にはTouch IDを搭載することが検討されており、Touch IDは本体側面のデジタルクラウンかディスプレイに内蔵されることが検討されていると報じていました。

なお、これまでの情報では、「Apple Watch Series 7」はより高速なプロセッサとワイヤレス接続の改善、ディスプレイのアップデートが特徴になると言われており、本体デザインには「iPhone」や「iPad Pro」のようなフラットなエッジデザインが採用される他、グリーンカラーのケースが用意されると言われています。

[via Apple Track

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。