Apple、「Apple Watch」にTouch IDの搭載を検討中か − 「watchOS 7」では「Apple Watch Series 2」はサポート外との情報も

The VerifieriUpdateが、次期watch OSこと「watchOS 7」では血中酸素濃度を測定出来る機能と睡眠トラッキング機能が利用可能になるようだと報じています。

他にSiriの改善も行われるとのことですが、「watchOS 7」では、2016年に発売された「Apple Watch Series 2」はサポート外となる見込みで、マイナーアップデートとバグ修正が引き続き提供されるものの、最新機能の追加は行われない模様。

また、次期Apple Watchこと「Apple Watch Series 6」は、Wi-Fi 6のサポートやバッテリーの強化などが行われる予定で、さらに2021年に発売される次世代「Apple Watch」には指紋認証機能である「Touch ID」を搭載することが検討されており、「Touch ID」は本体側面のデジタルクラウンかディスプレイに内蔵されることが検討されている模様。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。