飛行機の機内エンターテイメントで「AirPods」などのワイヤレスイヤホンが利用可能に − ユナイテッド航空が導入へ

飛行機の座席に搭載されている機内エンターテイメントシステムと言えば、有線のイヤホンを接続して視聴するといったイメージですが、アメリカのユナイテッド航空が、機内エンターテイメントシステムにBluetoothを装備し、各エンターテイメントスクリーンとワイヤレスヘッドホンを簡単に接続することが可能になることを発表しました。

このワイヤレスヘッドホンが利用可能な機内エンターテイメントシステムは、同社が新規発注した737 MAXおよびA321 neoに搭載される予定で、同機種にはBluetoothの他にも業界最速の機内Wi-Fiが装備され、乗客は機内でストリームビデオを自由に楽しむことが可能とのことで、Jason Rabinowitz氏がプレス向けの内覧会で実際に「AirPods Pro」を接続する様子を撮影しているので、下記ツイートを是非ご覧下さい。

今回、同社は737 MAX 8を50機、737 MAX 10を150機、A321 neoを70機発注しており、全機に新インテリアデザインが導入し、新型エンターテイメントシステム、業界最速の機内Wi-Fi、より明るいLED機内照明、大型の頭上手荷物入れが搭載され、737 MAX 8は今夏より就航予定で、737 MAX 10とA321 neoは2023年初頭に就航する予定です。

これまで機内エンターテイメントシステムでワイヤレスイヤホンなどを使用する場合は専用のアダプタなどを使用する必要がありましたが、今回の同社の動きから、機内エンターテイメントシステムでも標準でワイヤレスのイヤホンやヘッドホンが利用可能になる動きが広まるものと予想されます。

[via The Verge

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。