Apple、自社製品の医療機器への磁気干渉に関するサポート文書を新たに公開

Appleが「iPhone 12」シリーズやMagSafeアクセサリに内蔵されている磁石の医療機器との干渉リスクに関するサポート文書を6月25日付けで更新し、新たに「医療機器への磁気干渉の可能性について」というタイトルのサポート文書を公開しています。

本文書は、同社の製品が医療機器に磁気干渉する可能性があることを案内するもので、特定の状況下において、磁石や電磁場が医療機器に干渉するおそれがあり、例えば、植え込み型のペースメーカーや除細動器に内蔵されているセンサーが、磁石や無線送信機が近付くと反応する場合があるとのこと。

こうした医療機器への干渉の可能性を排除するため、Apple製品は医療機器には近付けず、安全確保のために必要とされる距離を確保することを推奨しており、通常は15cm以内、ワイヤレス充電時は30cm以内には近付けないことが案内されており、具体的なガイドラインについては、かかりつけ医や医療機器メーカーに問い合わせることを推奨しています。

なお、磁石を内蔵しているApple製品は下記の通り。

AirPodsと充電ケース

・AirPods および Charging Case
・AirPods および Wireless Charging Case
・AirPods Pro および Wireless Charging Case
・AirPods Max および Smart Case

Apple Watchとアクセサリ

・Apple Watch
・Apple Watch の磁石内蔵バンド
・Apple Watch の磁気充電アクセサリ

HomePod

・HomePod
・HomePod mini

iPadとアクセサリ

・iPad
・iPad mini
・iPad Air
・iPad Pro
・iPad Smart Cover および Smart Folio
・iPad Smart Keyboard および Smart Keyboard Folio
・iPad 用 Magic Keyboard

iPhoneとMagSafeアクセサリ

・iPhone 12 モデル
・MagSafe アクセサリ

Macとアクセサリ

・Mac mini
・Mac Pro
・MacBook Air
・MacBook Pro
・iMac
・Apple Pro Display XDR

Beats

・Beats Flex
・BeatsX
・PowerBeats Pro
・UrBeats3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。