「Windows 11」がサポートするプロセッサの一覧

本日、Microsoftが「Windows 11」を正式に発表しましたが、同社が「Windows 11」がサポートするプロセッサの一覧を公開しています。

「Windows 11」のプロセッサ(CPU)のシステム要件は、1GHz以上で動作する2コア以上の64bit CPUまたはSoCで、Intel製プロセッサでは第8世代以降のCoreプロセッサ、AMD製プロセッサはZen+以降のアーキテクチャを採用するRyzenプロセッサが対応の目安となっており、実際に「Windows 11」に対応したプロセッサのリストは下記リンク先をご覧下さい。

Intel製プロセッサの一覧
AMD製プロセッサの一覧
Qualcomm製SoCの一覧

また、RAMは4GB以上、ストレージの空き容量は64GB以上、GPUはDirectX 12以上 (WDDM 2.0ドライバー) に対応、ディスプレイは9インチ以上で8ビットカラーの高解像度(720p)ディスプレイとなっています。

さらに、システムファームウェアとしてUEFI(セキュアブート対応)が、暗号化チップとして「TPM 2.0」対応のものが必要となっているので注意が必要です。

なお、自身のデバイスが「Windows 11」の要件を満たしているかどうかは、Microsoftが配布している「PC 正常性チェック」ツールで確認可能です。

ハードウエア要件/仕様の最小要件 – Microsoft

Microsoft、「Windows 11」を正式に発表

3 COMMENTS

匿名

8世代以降…意外と最近の仕様ですね…
7と8の間で増えた何かが必要なのか、
それともWintelと呼ばれた何かなのか。。。

返信する
匿名

あくまで互換チェックってだけで、インストール自体はできるようにしてほしいもんだなあ。4世代目でも16Gメモリ積んでれば普通に動くんだけどねえ。

返信する
匿名

自分用まとめのコピー。間違ってたら教えて。
mac book pro : Mid-2018 or later
imac : Early 2019 or later
mac-mini : 2018 or later
mac book air : Late 2018 or later

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。