Microsoft、「Windows 11」を正式に発表

本日、Microsoftが、、「Windows 10」の後継となるOS「Windows 11」を正式に発表しました。

既報の通り、「Windows 11」ではスタートメニューなどのユーザーインターフェイスが刷新され、スタートメニューとタスクバーが中央に配置されています。(左寄りに戻すことも可能)

また、スナップアシスト機能にも改良が加えられ、ウインドウを複数の配置パターンから手軽に選択出来るようになる他、タッチ操作の改良や新しいMicrosoft Store、ビデオチャットツール「Teams」の統合、ゲーミング体験の改良などが特徴となっています。

さらに、Androidアプリも実行可能で、AndroidアプリはAmazon App Storeで提供され、アプリはローカルにインストールされるとのこと。

なお、対応PCであれば「Windows 10」からは無料でアップグレード可能で、今年後半に正式リリース予定となっており、来週からInsider Programのユーザー向けにプレビュー版の提供が開始され、最小のシステム要件は下記の通り。

  • プロセッサ:1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたはSoC
  • メモリ:4GB RAM
  • ストレージ:64GB以上
  • グラフィックスカード:DirectX 12互換のグラフィックス/WDDM 2.x
  • ディスプレイ:9インチ以上、HD解像度 (720p)
  • インターネット接続:Windows 11 Home Edition のセットアップにはMicrosoftアカウントとインターネット接続が必要です

使用中のPCが「Windows 11」への無償アップグレードの対象になっているかどうかを確認するチェックアプリがこちらからダウンロード可能で、各種詳細は下記リンク先をご覧下さい。

Windows 11 公式サイト
Windows 11 のシステム要件、機能、デバイスの要件について
ニュースリリース(英語)

1 COMMENT

匿名

10はバグ酷かったけど何となく慣れちゃったからなあ
11はどうなるんだろうね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。