「iPhone 13 Pro Max」のリアカメラ部分はやはり一回り大きくなる模様

(過去に公開されたiPhone 13 Pro Maxのものとされる図面)

リーカーの数码闲聊站氏が、「iPhone 13 Pro Max」の図面データを見たと報告しています。

同氏曰く、リアカメラ部分の大きさが本体の横幅の半分近くを占めるようになり、現行モデルよりも写真撮影性能が向上することが予想されるとのこと。

「iPhone 13」シリーズのものとされる図面はこれまでに複数公開されており、その図面からもリアカメラ部分が一回り大きくなることが確認されています。

なお、これまでに公開される「iPhone 13」シリーズのものとされる図面に関する情報は下記のエントリをご覧下さい。

「iPhone 13 Pro」のものとされる図面が公開される 「iPhone 13 mini」のものとされる図面が公開される − リアカメラの性能向上が特徴に?? 今度は「iPhone 13 Pro Max」の図面が流出か − 「iPhone 13」シリーズの本体サイズが続々と明らかに

5 COMMENTS

匿名

カメラ分の厚み増してもいいからフラットにして、その分バッテリー容量も増える設計なればな〜

返信する
匿名

ベイパーチャンバーみたいなのを付けることでも良いから、フラットなのが良いですよね。出っ張ってるとレンズカバーが破損しやすいので。

返信する
匿名

ですよね〜
いずれにせよ今の技術であれば可能だと思うし、ずっとフラットにしない理由が知りたいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。