【追記・偽物】体温センサー?? 何らかの新しいセンサーを搭載した「Apple Watch」の試作機の写真

Appleは「Apple Watch」に体温センサーや血糖値測定機能を搭載することを検討していると言われていますが、何らかの新しいセンサーを搭載した「Apple Watch」の試作機を撮影したとされる写真が公開されました。

これはリーカーのMajin Bu氏が公開したもので、Appleは特殊なセンサーを搭載し、体温を測定することが出来る「Apple Watch」を開発していると報告しており、上記写真を見る限り、本体背面には現行の「Apple Watch Series 6」には無い接点やセンサーが搭載されていることが確認出来ます。

まず、背面上部の2つの金属製の接点はデバッグなど、試作機にのみ搭載されるコネクタとみられています。

次に、背面中央部の心拍センサーおよび血中酸素濃度センサーがある箇所のさらに中央に2つの新たなセンサーとみられるものが搭載されており、これが何の為のセンサーかは不明なものの、何らかの健康センサーとみられています。

また、この試作機にはバンドを外す為のボタンがなく、もしかしたらバンドを取り付ける為の新たな技術を開発中なのかもしれないとも予測されています。

なお、体温センサーは今年発売される「Series 7」への搭載が計画されていたものの、来年に延期されたと報じられています。(下記エントリ参照)

【追記】
その後、この試作機とみられるデバイスは「Apple Watch」のコピー商品(偽物)であることが確認されました。

「Apple Watch Series 7」は狭額縁化されたディスプレイを搭載 − 体温センサーや血糖値センサーの搭載は来年以降に

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。