Apple、「AirTag」向けにストーカー対策を強化するアップデートを配信開始 − Android向けアプリも開発中

CNETによると、本日、Appleが「AirTag」向けに初のアップデートの配信を開始したことが分かりました。

このアップデートにより、他人の追跡に利用されている可能性がある場合にアラート音を発するまでの時間が変更され、これまでは所有者から離れて3日経過するとアラート音が鳴る仕組みになっていましたが、今回のアップデートにより、8時間から24時間の間でランダムに音が鳴るようになります。

また、「Android」向けアプリも開発中で、Androidユーザーが「AirTag」や「探す」ネットワークに対応したデバイスを知らないうちに携帯している場合に、それを検出できるようにするとのことで、2021年後半にリリース予定です。

なお、今回のアップデートでは、ファームウェアバージョンが「1.0.225」から「1.0.276」にアップデートされ、アップデートは「AirTag」とペアリング済みの「iPhone」が通信圏内にある場合に自動で実行されます。

また、「AirTag」のファームウェアのバージョンは、「探す」アプリで「AirTag」の名前をタップすることで表示されます。

[via 9To5Mac

2 COMMENTS

匿名

車内に置いてあるけど人に貸すと誤作動しそう
個人的には3日のままが良かったな

返信する
匿名

うーん。忘れ物防止!探しものに便利なTag、すごいでしょ、先進的でしょって、、。appleが開発する必要がある代物だったのかな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。