Apple、「WWDC21」で新型「MacBook Pro 14/16インチ」を発表か − Wedbushのアナリストが予測

(新型MacBook Proのコンセプト画像)

Appleの開発者向けイベント「WWDC21」まで残り数日となりましたが、MacRumorsによると、Wedbushのアナリストが「WWDC21」でデザインが刷新された「MacBook Pro 14インチ/16インチ」を発表すると予測していることが分かりました。

WedbushのアナリストであるDaniel Ives氏は、投資家向けのメモの中で、Appleは「WWDC21」で長い間噂されていたApple シリコンを搭載した14インチと16インチの新型「MacBook Pro」を発表する予定だと報告しており、他にもいくつかのサプライズを計画しているとも報告しています。

他にも、同氏は「iPhone 13」シリーズではストレージ容量が最大1TBになることや、2022年の「WWDC」で「Apple Glass」と呼ばれるARメガネが発表され、2024年に「Apple Car」が発表されるだろうと予測しています。

単なる予測なのか、何らかの情報を掴んでいるのかは不明ですが、新型「MacBook Pro」については、最近の情報では16インチモデルが今夏に発売され、14インチモデルは今年後半になると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。