「Google Pixel 6」のGPUに関する情報が明らかに

(Pixel 6とされるレンダリング画像)

Googleが今秋に発売する次期フラッグシップスマホ「Pixel 6」には自社開発のチップ「Whitechapel」(コードネーム) が搭載されると言われていますが、本日、「Pixel 6」のGPUに関する情報が出て来ました。

XDA-developersによると、GoogleのAOSPのコード内から「Pixel 6」のことを示す「P21」に関する記述と共にARMのGPUである「Mali-G78」に関する記述が見つかったそうです。

このGPUはグロバール版「Samsung Galaxy S21」に搭載されているExynos 2100のGPUと同じもので、コア数や動作周波数などの詳細は不明。

先日、「Whitechapel」の性能はQualcommの「Snapdragon 888」と「Snapdragon 865」の間くらいの性能になるとの情報がありましたが、今回の情報からも「Pixel 6」のCPU/GPU性能はグロバール版「Samsung Galaxy S21」と同等の性能になるものとみられています。

「Google Pixel 6」シリーズの一部仕様などの情報が明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。