Apple、「WWDC21」の基調講演を6月7日午前10時より開催へ

本日、Appleが、現地時間6月7日午前10時より「WWDC21」の基調講演を開催することを発表しました。

基調講演の様子は、公式サイトやApple Developerのアプリおよびサイト、Apple TVアプリ、YouTubeで視聴可能です。

なお、日本時間では6月8日午前2時からとなり、発表される内容は不明なものの、「iOS/iPadOS 15」や「macOS 12」などの次期OSに加え、新型「MacBook Pro 16インチ」や新型チップなどの発表が噂されています。

WWDC21 – Apple

Apple基調講演
6月7日午前10時(日本時間6月8日午前2時)
WWDC21は、今年後半にすべてのAppleプラットフォームで登場するエキサイティングな新しいアップデートの発表からスタートします。基調講演はApple Parkから直接、apple.com/jp、Apple Developerアプリケーション、Apple TVアプリケーション、YouTubeを通じて配信され、配信終了後はオンデマンド再生で視聴できます。

Platforms State of the Union
6月7日午後2時(日本時間6月8日午前6時)
Appleの開発者がさらに優れたアプリケーションを生み出すのに役立つ、新しいツール、テクノロジー、Appleプラットフォーム全体にわたる進化について深く掘り下げます。Platforms State of the Unionは、Apple DeveloperアプリケーションとApple Developerウェブサイトを通じて配信されます。

Apple Design Awards
6月10日午後2時(日本時間6月11日午前6時)
毎年、Apple Design AwardsはAppleの開発者のクリエイティブな芸術性、クラフトマンシップ、技術面の功績を讃えています。Apple Design AwardsはApple DeveloperアプリケーションとApple Developerウェブサイトを通じて配信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。