Microsoft、「Internet Explorer 11」のサポートを2022年6月15日で終了へ

本日、Microsoftが、「Internet Explorer 11」のサポートを2022年6月15日に終了することを発表しました。

また、後継ブラウザは「Microsoft Edge」であることを改めてアナウンスしており、「Microsoft Edge」は「Internet Explorer」のほとんどの機能を内包し、更にコレクションやWebキャプチャを始めとする最新の機能や従来の「Internet Explorer」ベースのWebサイトやアプリケーションにも直接 Microsoft Edge からアクセスできるInternet Explorer モード (IE モード) も搭載しています。

サポート終了までのスケジュールは下記画像の通りで、一般のユーザーは2022年6月15日までに「Microsoft Edge」に移行することを推奨しています。

なお、「Windows 10 LTSC」や「Windows Server」向けの「Internet Explorer 11」は引き続き提供される他、「Microsoft Edge」のIEモードは少なくとも2029年まではサポートする予定であることも明らかにされています。

詳細は下記の公式ブログをご覧下さい。

公式ブログ
Microsoft Edge – 公式サイト

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。