Microsoft、「Windows 10X」の開発中止を正式に発表 − 一部技術は「Windows 10」に採用へ

先日、Microsoftの新OS「Windows 10X」の開発は保留状態となっているようだとお伝えしましたが、本日、同社が「Windows 10X」の開発中止を正式に発表しました。

これは本日より一般提供が開始された「Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)」を発表する公式ブログの投稿の中で明らかにされたもので、「Windows 10X」の開発における顧客からのフィードバックなどを通じて、その技術が想定したよりも多くのユーザーにとって役立つものであることが分かり、同技術を一部の顧客に限るべきではないと判断したそうです。

「Windows 10X」は2019年に2画面デバイス「Surface Neo」と共に発表されたOSで、当初は2画面デバイス向けとして開発されていましたが、その後、1画面デバイス向けに先行して投入することが発表されたものの音沙汰がなく、今回の発表に至りました。

なお、「Windows 10X」向けに開発された一部の技術は「Windows 10」に流用されるとのことで、例を挙げるとMicrosoft Defender Application Guardなどに採用されたコンテナ技術、音声入力体験の向上、キーサイズの最適化によるタッチキーボードの改善、カラーデザインやアニメーションなどとなっています。

[via Neowin

「Windows 10X」の開発は保留状態に − 当面は「Windows 10」のUI刷新に注力との情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。